ライブ・コンサートで持ち物は?必要なものチェックリスト

ライブチケットが当選して、日程が決まったら、今度はライブの準備です。

特に初めてライブやコンサートに参加するという場合は、何を準備していけばいいのか何かと不安になるものです。

アーティストやアイドルごと、会場の形式で多少は違いがあるとは思いますが、ここでは特に一般的なドームやアリーナなどの屋内でのライブコンサートでの持ち物について取り上げたいと思います。

経験なども生かして書いていますので、良かったらのぞいていってくださいね^^

スポンサーリンク

ライブやコンサートの持ち物は何が必要?

まずは、ライブに行くならぜったいに持っていかないと困るもの集です。

忘れたらシャレにならないもの順に書いていきますね。

ライブに行くのに絶対に必要なもの

チケット

これは絶対に忘れちゃダメ!!

当ったり前ですが、意外やいがい。

忘れたことのある人、たまにいるんですよ。

開演目前にチケットがないことに気が付く、などという事のないようきちんと確認してから会場に向かいましょう。

最近は、デジタルチケットなるものが多くなってきましたが、これからはチケット=スマホの時代になっていきます。

そうすると、注意するポイントも必然的に変わってきますよね。

デジタルチケットの時は、QRコードを表示しなくてはいけないので、スマホの充電が空にならないように気をつけなくてはいけません。

デジタルチケットの場合は、スマホが必要なものリストのトップです。

お金

これがなくては会場にもたどりつけません。

まあ、これは忘れることの方が少ないでしょうが・・・

グッズ購入代金 + 飲み物や食事代 +α。

色々欲しくなったりするので、多からず、少なからず用意していきましょう。

遠征などの場合は、非常事態のために数万円多めに持っておく方が安心です。

ATMが必ずあるとは限らないので、現金を用意しましょう。

置き引きがあるのも事実です。

被害にあわないように、きっちり管理しましょうね。

お財布の中のクレジットカードなどで使わない物はあらかじめ抜いていきましょう。

ロッカーや自販機、バス・電車などの交通費などのために小銭を多めに用意していくと良いです。

会員証&身分証明書

悲しいことにチケットの違法取引が横行しているため、その防止策として本人確認がランダムに行われます。

毎回必ず提示を求められる、とまでは行きませんが、本人確認が行われた時の証明ために必要です。

最近は顔認証での本人確認があるライブもあるので、そんなライブに行くときは必須ですね。

スマホor携帯

注※デジタルチケットの場合は、チケットと同等なので必要度はトップになります。

同伴者や宿泊先などとの連絡や、交通機関の時刻表の確認、ナビなどになくてはなりませんね。

フル充電でスタンバイしましょう。

タオル

ライブに参加すると、エキサイトするので冬でも汗をかきます。

会場は凄い熱気ですので必須ですよ!

グッズ売り場で購入するのも手ですが、売り切れで手に入らないこともあります。

かいたてのタオルは吸水力もないので、1枚は持参した方がいいでしょう。

絶対じゃないけれどあると便利なもの

これがないとライブに行けない、っていうほどのものではないけれど、ないより合った方が良いものです。

上から、必要度が高い順番で書いています。

飲み物

とにかく喉が渇きます。

移動中や待ち時間の間の水分補給のためにも、持っていきましょう。

スタジアムのアリーナ席では芝生の保護のために、水以外の飲み物が禁止されている会場もあります。

また、ペットボトルが没収対象のライブもあるので、事前確認を出来ればしておきましょう。

水筒だとOKな場合があります。

ウエストポーチや小さな肩かけのカバン

ライブを見ている間の、荷物入れに。

防犯のためにも貴重品は自分の体に身につけておくのが理想です。

充電器

ライブでは待ち時間も多く、スマホの所要頻度が上がります。

ツイートしたり、SNSへのアップなどを夢中でしていると、あっという間に充電が空になんてことも・・・

電源がなくても充電できるタイプの充電器が一つあると安心です。

差し込み口が複数あるタイプは、友達と一緒に使えてすごく重宝しています。

スポンサーリンク

ビニール袋

購入したグッズを入れたり、脱いだ上着を入れたりと万能です。

大と小が一つずつあると便利。

小さいものは飲食したあとのゴミを散らかさないためにもあるといいです。

イヤホン

一人ぼっちで参加するときの待ち時間の暇つぶしに、スマホで音楽を聴くのにあるといいですね。

セットリストを予想しながらこれから見るアーティストやアイドルの音楽を聴いてモチベーションを上げるのもいいですね。

うちわ&ペンライト

アイドルでは必要な場合が多いですね。

アーティストによってはライブの演出上、持ち込み禁止の場合もあります。

WEBサイトやファンの書き込みなどで確認したり、ライブDVD で予習していくといいですね。

オペラグラス(双眼鏡)

細部まで見られるので、スクリーンとは違う見え方を楽しむこともできます。

私はスクリーン派ですが、必要なら持っていきましょう。

ライブ会場で売っていることも多いですが値段がお高いです(汗)
なので断然、持っていく方がおすすめです。

着替え

Tシャツが汗でぐっしょりになったり、オールで朝まで出歩くつもりなのでコレでは・・って人は持って行くと良いでしょう。

・ポンチョorカッパ

グッズの物販に長時間並んでいる時に、雨に合う事があります。

季節の変わり目や、短期が不安定な梅雨時期なんかだと使い捨てのものでいいので一つ持っていると、とても便利です。

雨だけじゃなくて風が冷たくて寒い時の防寒具としても使えるのでいいですよ。

カサ、っていう案もいいですがカッパやポンチョの方が軽くてかさばらないし、着てしまえば両手もふさがらないので、買い物するのも支払いをするのにも、待ってる間のスマホいじりにも便利です。

カイロや冷えピタ

季節限定です。

荷物になりにくいので、1つ持っておくとお守りになります。

持っていっちゃいけない物

ライトやサナトリウム、ホログラムのうちわなど、そのアイドルやアーティストによっては持ち込み禁止のものが違います。

ライブの案内などでも事前に確認しましょう。

ここではマナーの観点から、持っていっちゃいけない物を項目表示します。

言い換えれば、道徳的に考えれば持っていってはいけないとわかるものです。

持ち込み禁止

鳴り物

楽器など音が出るものは禁止です。

アーティストやアイドルの作る音を楽しみましょう。

カメラ・録音機器

イタチごっこのように、毎回 盗撮ものが流出しています。

録画や録音は絶対厳禁!違法行為です!

怪しい行動をしている人を見かけたときには、近くのスタッフにそっと知らせましょう。

入り口にてだいたい、必ずかるい手荷物検査があります。

カバンを広げて中をみせる程度のものですが、気持ちよく参加するためにもきちんと協力しましょう。

どうしても必要で、カメラを持っている場合には、預かってもらいましょう。

公演終了後に返してもらえます。

どうしてもでなければ、持っていかない方がいいです。

預けると、ライブ終了後に引き取りにいかなくてはならず、時間がかかって仕方ないですから。

まとめ

いかかだったでしょうか?

ライブコンサートでの必需品についてチェックリストを作ってみました。

参考にしていただければ幸いです。

もうすでに準備したものばかりでしたか?

そしたらもう心配いりませんね。

あ、そうそう、持っていくものではないですが、体調管理が大切ですよ。

ライブを満喫するためにも、体調管理には気を付けたいですね。

後は当日を楽しむだけです。

お互い存分に楽しみましょうね!

この記事を見た人はこちらも読んでいます

ライブの服装、春は何着ていくべき?靴やカバンのおすすめも!
暖かくなってきたと言っても、まだまだ肌寒い春のライブ。 季節の変わり目で、普段ですら何を着ようか悩んでしまう春にライブに行くと...

http://genkinisodate-wk.com/309.html

スポンサーリンク
関連コンテンツ(レスポンシブ)



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です