おしりがザラザラ!手っ取り早く改善するワザと原因の削除まで

ある日、自分のおしりに触れると、いつの間にかザラザラに!

おしりって自分の後ろ側なので、目に付きにくくて、意外とケアも怠りがちな位置ではありませんか?

このザラザラを放っておいたら、ザラザラが黒ずみに変化していく可能性も・・・

キャー、怖い!

そこは女子。

できればいつもすべすべツルツルのおしりでいたいですよね。

ここでは、そんなザラザラおしりに即効果のある改善のワザと、おしりのケアに大切なことに特化してシェアしています。

良ければ、参考にご覧ください(o_ _)o))

スポンサーリンク

おしりのザラザラを手っ取り早く改善するワザ

手にさわるザラザラはテンションが下がりますよね。

そんなザラザラを一発で改善してくれるのが、角質ケアです。

角質ケアといっても、専用の道具や専門店などに行ってすることではなく、自分のおうちでできる簡単なものです。

しかも、使うものも、どこのおうちにも必ずあるものを使っての方法です。

答えは、塩。

なーんだ、塩って・・・と思われたかもしれませんが、塩って侮れないんです。

塩のにはカリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラル成分が豊富に含まれており、美容に適した要素が満載なんです。

塩のミネラル成分には、保湿効果や血行促進などが期待できます。

ここで気を付けて欲しいのは、食卓塩は使えないという事です。

もちろんアジシオなんかもだめですよ?

食卓塩は生成されて、ミネラル分が取り除かれていて、どちらかといえば化学物質に近いものなので、美容目的での使用には適していません。

難しいことを言いましたが、粗塩でけっこうです。

粗塩がおうちにないよーという場合は、お砂糖でもOKです。

お砂糖でする方がお肌への刺激が少ないので、肌が敏感ぢ刺激が心配だという場合にはこちらが向いています。

使い方は、シャワーをしたり、湯船につかった後のぬれた肌に使います。

手に塩、または砂糖を取り、そのまま気になる部分を優しくなでるようにマッサージするだけです。

こすりすぎは逆効果ですので、気を付けて。

程よくこすったら、お湯やぬるま湯でながして、終わりです。

塩や砂糖がスクラブの代わりになってくれて、古い角質が除去できます。

おしりのザラザラだけでなく、ひざやかかとなどの確執がたまりやすい場所にも使えるので、一緒に試してみて下さい。

こすりすぎだけには気を付けるのがポイントです。

使用の目安は1週間に1,2度です。

あまり頻繁に角質をとってしまうと肌のターンオーバーに支障をきたして、かえって確執が硬くなったり、炎症につながって黒ずみの原因になったりするのでやりすぎには注意してください。

さらにステップUPした方法を試したいときは、塩とオイルを1:2の割合で混ぜたり、塩をはちみつと混ぜたりして自家製スクラブを作って楽しむのもおすすめです。

スポンサーリンク

おしりのザラザラには保湿が大切!

おしりのケアは角質ケアが大切だと言いましたが、角質ケアは保湿とセットで行う事が重要です。

せっかく古い角質をとりのぞいても、保湿せずにそのままでは肌への負担が大きくなりザラザラ改善のチャンスが半減してしまいます。

塩で角質をオフして、お風呂から上がったらわすれず保湿用のクリームを塗りましょう。

クリームはお手持ちのもので結構です。

保湿を強くしたい場合は、クリームの前に化粧水をつけておくのがおすすめです。

私は、顔に使っている高い化粧水がもったいないので、無印良品の敏感肌用の化粧水ボトルをスプレーノズルを付けておしりに霧吹きして使っています。

リーズナブルなうえ、たくさん入っているので毎日使えて便利です。

保湿はできれば毎日の習慣にされるとより良いです。

おしりだけでなく、あしや腕などもいっしょにケアすると、普段ケアしていなかったりすると結果はより歴然です。

おしりをザラザラにしている原因を一刀両断!

あなたのおしりをザラザラにしてしまっている原因は、日々の習慣や生活の中に潜んでいます。

おしりは日々、下着に圧迫されたり、摩擦も受けています。

隠す場所なので、蒸れや湿気のある環境も肌に負担がかかっているので、下着の素材に気を配りましょう。

また、おしりというのはそのほとんどが脂肪分であることから、血行不良になりやすく皮膚温度も低くいことからターンオーバーに異常をきたしやすい場所でもあります。

ずっと座りっぱなしでいたりすると血行不良が心配です。

時々席を立っておしりをマッサージしたり、おしりの筋肉をストレッチしたりして日ごろから気を付けておくことも大切です。

お風呂のタイミングで数分オイルマッサージを行うだけでも違いが出てくるはずです。

あと、意外なところで、洗い残しやすすぎ不足で洗剤が残っているせいでザラザラになっている、なんてことも。

洗い場の椅子に座って体を洗っていると、案外おしりがきちんと洗えていなかったり、シャワーのみで入浴しない場合に、すすぎ残しているなんてことも・・・

いつものあなたの行動をよく思い出してみて、どれか当てはまっているようなら改善していきましょう。

少しの改善と、日々の少しのケアで、つるつるスベスベのおしりを目指しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回はおしりに特化してお知らせしましたが、ザラザラの改善策はその他の体の気になる角質ケアにも有効な方法です。

とても簡単なケアなので、もしよければあなたも毎日のケアに加えてみて下さい。

ここまでお付き合い下さり、ありがとうございました。

スポンサーリンク
関連コンテンツ(レスポンシブ)



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です